直線上に配置
バナー
株式会社円谷特技プロダクション

-空想特撮シリーズ「ウルトラQ」から始まった「ウルトラ・シリーズ」についての個人的考察-

戦時中に「ハワイ・マレー沖海戦」などの戦意高揚映画を作ったために
円谷英二は東宝を公職追放され、自宅に特撮の研究所を設立。

やがて研究所は法人化されて日本初の特撮テレビ番組「ウルトラQ」を制作。
以来60年以上に渡って、今現在も「ウルトラ・シリーズ」は制作が続けられている。

ウルトラQ ウルトラマン ウルトラセブン 怪奇大作戦
帰ってきたウルトラマン ウルトラマンA ウルトラマンタロウ ウルトラマンレオ

4/20 更新



1948年
(昭和23年)
太平洋戦争中に戦意高揚映画を撮影したことから東宝を公職追放(依願解雇)された円谷英二が、自宅に特殊映画技術研究所(通称「円谷研究所」)を設立。
1950年
(昭和25年)
東宝砧撮影所内へ研究所を移転。
1952年
(昭和27年)
円谷英二、公職追放解除で東宝に戻る。
1956年
(昭和31年)
新たに、円谷英二自宅に「円谷特技研究所」を設立。
1963年
(昭和38年)4月12日 
円谷特技研究所を法人化、「株式会社円谷特技プロダクション」を設立。
1963年
(昭和38年)10月
円谷特技プロとしての初仕事となる映画『太平洋ひとりぼっち』が公開[16]
1966年
(昭和41年)1月2日
初のテレビシリーズ『ウルトラQ』全28話(初回放送全27話)が放映されウルトラシリーズ開始
1966年
(昭和41年)
7月17日
初のカラーテレビシリーズ『ウルトラマン』前夜祭+全39話が放映開始。
1967年
(昭和42年)4月16日
『キャプテンウルトラ』全24話が放映開始。
1967年
(昭和42年)10月1日
ウルトラセブン』全49話が放映開始。
1968年
(昭和43年)9月15日
怪奇大作戦』全26話が放映開始。
1968年
(昭和43年)
12月6日
東宝が増資を引き受けて60%の株を持つ親会社に。役員10人中、7人が東宝からの派遣に。「株式会社円谷プロダクション」に改名。
1970年
(昭和45年)1月
円谷英二の病死により、長男円谷一が2代目社長に就任。
1971年
(昭和46年)4月2日
帰ってきたウルトラマン』全51話が放映開始。
1972年
(昭和47年)4月7日
ウルトラマンA』全52話が放映開始。
1973年
(昭和48年)2月
円谷一の急死により、次男円谷皐が3代目社長に就任。
1973年
(昭和48年)4月6日
ウルトラマンタロウ』全53話が放映開始。
1974年
(昭和49年)4月12日
ウルトラマンレオ』全51話が放映開始。

<参考> Wikipedia



弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2013, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置